Web版 関数型プログラミング本を読んでみた女子の日常(番外編1:プログラマってどうなの?)

Web版 関数型プログラミング本を読んでみた女子の日常
番外編1:プログラマってどうなの?(全編収録)

---------------------------------------------------------------------
関数型プログラミング本を読んでいて、プログラマの生態が気になったリン。
リン:
プログラマって、なんでこんなことに拘るの?プログラムが動けばいいじゃん。それで何か文句でもあるの?
スー:
リン、あなたは馬鹿なのかしら。いい?プログラマはプログラムを作る生き物よ。デバッグをする生物ではないのよ。分かったかしら。
リン:
え、何の話なの。それが拘る理由なの?よく、わかんない。プログラマってプログラムを作っているよりもデバッグが好きなんじゃないの?
スー:
プログラマというのはね、バグを出さないようにするためには、どんなことでもする生き物なのよ。
プー:
どんなことでもって、どんなことなのかな。あんなことも~?プログラマってすごいかも。
リン:
え~、そうなんだ。プログラマって大変なんだね。バグを出さないためには、あんなこともするなんて。
プー:
うん、そうかも。おとなしく部屋の隅っこでプログラミングしていたらいいのにね。
スー:
2人とも何を言っているのかしら。プログラマはバグを出さないためには、プログラミングさえ、しないこともあるってことよ。
リン:
え~、プログラマってプログラミングせずに生きていけるものなの?死なないの?大丈夫なの?
プー:
大丈夫、プログラマはハッキングできればいいの~。コンピュータを与えておけば生きていけるかも。
スー:
肯定したくないけど、そうかも知れないわね。でもバグを出さないプログラミングこそ、プログラマの生き様よ!
学校からの帰り道で一人になったスーザン
スー:
プログラマはバグを潰す職人ではないわ。バグを出さずにプログラミングする職人なのよ。その覚悟がリンにはあるのかしら。
プー:
スーちゃん、でもね、デバッグも楽しいかも。それが好きな人が作ったバグなら、なおさらかも。
---------------------------------------------------------------------
はじめてのLisp関数型プログラミング
http://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8035-9
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
ranking


amazon
(当ブログのお勧め!)
(当サイトからも写真提供)
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin
amazon



(当サイトからも写真提供)







from 2010/7/4